誤情報を拡散させるSNSに注意~地震発生などの混乱時

クリックしていただけましたら嬉しいです。

↓↓↓

人気ブログランキングへ



  大阪市は「SNSでは誤情報が発信、拡散」しているとの注意喚起文を掲載した。

  大震災などの混乱に乗じた悪質情報の発信、拡散がやまない。

  電車の脱線、京セラドームの亀裂、シマウマ脱走、テロや外国人の犯罪への注意喚起など、誤認、、愉快犯、偏見などなど問題の多い発疹が見られた。

  SNSなどネット情報へのリテラシー向上に抜かりなくありたいものだ。
  
スポンサーサイト

トランプ大統領の自賛が北への唯一のプレッシャーという皮肉

  クリックしていただけましたら嬉しいです。

↓↓↓

人気ブログランキングへ




   CVIDなしの米韓演習中断・・・どう見てもトランプがだまされた結果だ。

   演習中止は、だまされたというより、金を使いたくないトランプの本音だろう。 

   それにも関わらず、トランプは「うまくやった」と自画自賛。

   トランプ大統領のこの特異性が金正恩に対する唯一のブラフになっているという皮肉な状態。

   正恩にとっては体制保障の獲得。

   ズバリ殺されたくないということだ。

   そこが分かっただけでトランプ大統領の功績とみていいかもしれない。

   我が国の出番は近い。

   頼られるこちらができるだけ小出しにすることだ。

   どうせ相手はしたたかにやってくるんだから。  

危機管理能力の欠如~財務省や日大にみる不祥事対応への教訓

 クリックしていただけましたら嬉しいです。

↓↓↓

人気ブログランキングへ




  国民の疑問を感じる感性の欠落が最大の問題だ。

  国民は何を知りたがっているのか。

  何に怒っているのか。

  それに応える感性がすべての出発点。

  あらゆる危機管理で一番求められるのは国民に向かう誠実な姿勢だ。

  セクハラでは被害者に対する配慮。

  大学では学生を守る姿勢。

  国会対応では誤りは誤りと認める潔さ。

  首相、大学理事長などへの配意を優先する組織内・内向きの論理でなく何よりも国民に向かい合うことが最優先だ。

  危機管理はトップの器が最大の決め手ということを肝に銘じてもらいたい。


  それにしても安倍総理大臣の過度の身びいきさが鼻につく。

  自らに対する厳しさが感じられない。

  李下に冠を正さずだ。  

  教育者としての認識すら欠く日大理事長はコメントにすら値しない。

   
プロフィール

大貫啓行(おおぬきひろゆき)

Author:大貫啓行(おおぬきひろゆき)
麗澤大学経済学部・大学院教授(2014年4月から名誉教授)、(公)モラロジー研究所教授。元警視監。
東京大学法学部卒業。
1967年警察庁入庁。内閣官房、外務省、防衛庁への出向も経験、中国情報分析を中心とした内外情報畑一筋30年のエキスパート。
お問い合わせはkikikanri110@gmail.comまで。

在中国一等書記官(文化大革命直後の政治情報収集)、警視庁外事1課長(ソ連スパイ・レフチェンコ事件を指揮)、内閣情報調査室国際部(中国・ソ連分析キャップ)、防衛庁調査1課長(ソ連による大韓航空機撃墜事件の事後対応)、秋田県警察本部長、長崎県警察本部長(雲仙普賢岳噴火災害警備を指揮)、警察大学校特別捜査幹部研修所長、警察庁国際部長(初代国際部長として、阪神淡路大震災、オウムサリン事件、国松警察庁長官狙撃事件等の危機管理に携わる)、中国管区警察局長等を歴任し、1996年より麗澤大学教授・2014年より同大学名誉教授。

川崎市顧問・危機管理アドバイザー(2004年~2014年)をはじめ、多くの自治体で各種の顧問・委員等も務めている。
【著作等】
(著書)「変革~日本の対外姿勢と危機管理」(広池学園事業部)
「現代中国の群像」「暮らしの法学~安全を考える社会システム」
「国際紛争と日本の選択」『暮らしの行政~私と公の共生システム」
「説得力の養成」(以上麗澤大学出版)
「中国はどこに向かう」(白金出版)ほか
(論文)「災害に関する危機管理」「雲仙普賢岳噴火災害警備考」
「在ペルー大使公邸占拠事件の考察」「公務員における意識改革の現状」
「中国~国家・社会変革方向の考察」(以上麗澤大学紀要)など

カテゴリ
最新記事
クリックしてください↓↓↓
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
RSSリンクの表示
あし@
講演依頼お問い合わせはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック