FC2ブログ

訪日者1000万人突破

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  
今年、日本を訪れた外国人が、初めて1000万人を突破した。中国からの訪問者も急回復している。
次は、オリンピック開催の2020年までに2000万人に増やすのが政府の目標だ。
様々な分野での国際化を計るべく、それぞれの立場で努力しようではないか。
皆さん、どうぞ良き年越しをお過ごし下さい。  
スポンサーサイト



都会の孤独死

クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
東京都内の大規模団地でのあるアンケート調査で、約6割が孤独死を身近な問題と感じているとの調査結果が報じられている(朝日12.30)。東京23区内の孤独死は2012年には4472人、毎日12人ということだ(東京都観察医務院)。
高齢化進む団地では自治体を解散した所もあるそうだ。自治会役員のなり手がなくなったということのようだ。多様な生き方といって済ますには問題が多すぎないか。
観察医務院の定義によると「一人暮らしの人が自宅で死亡し、死因がはっきりしないケース」が孤独死。独居者の増加の必然の結果が孤独死の増加ではあるが。

子供の法的立場を不安定にしてはならない~増える非配偶者間人工授精~

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

性同一性障害で性別を変更した男性が養子以外の方法で子供を持つには、妻の卵子に第三者の精子を人工で受精させることになる。「非配偶者人工授精(AID」だ。法的に夫婦になっていれば実施を認めるのが日本産婦人科学会の見解だ。最高裁は、性同一性障害特例法で戸籍上の性別を変更した男性を、第三者の精子を使って人工授精で妻が産んだ子供の父親と認める決定を下した(12・10付)
子供の出自(遺伝上の親)を知る権利との調整など課題が残る。早急なルール制定をすべきだ。

靖国神社問題考察・提案

クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

安倍総理の参拝により靖国問題は改めて注目されている。250万柱の英霊を祀る靖国神社は我が国民にとって近親者の関わる特別の場所として中国韓国などの批判に抵抗感を禁じ得ない人も少なくない。中国韓国にとってはA級戦犯の合祀への肯定的態度として反発が強い。靖国神社問題について以下の対応が賢明であると思われる。
1,千鳥ヶ淵戦没者墓苑を無名戦士の墓として整備拡充する。
2,A級戦犯を自発的に靖国神社から東郷神社・乃木神社などへの分祀する。
3,現職総理大臣及び外務大臣は靖国神社への参拝を自粛する。
以上3措置により周辺諸国の感情への現実的調整と憲法上の政教分離の要請を図ることができるものと考える。現実の政治は原則で譲ることなく国益の実現を目指すことが欠かせない。着地点を見据えた政策立案が求められる。

コレクティブハウスに注目~子育てシニアを助ける試み~

   クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

       今年の漢字は「輪」だった。人間のつながりと、オリンピックの五輪を掛けたものだろうか。
様々な人間が個人や家族を少しだけ助け合って暮らす新たな試みとして、コレクティブハウスが人気だという。少子高齢化の中、どんどん薄れる近隣関係。しかし、程よい助け合いの必要性も高まっている。様々な形で週末などに共同で食事を作って一緒に囲む(週間数回というものも)。マンションだが共用の大きな台所や食堂などがあるというものも。子育て家庭をみんなで面倒見る。高齢者に様々な助け合いも・・・。
様々な、新たな絆を求める試みに期待したい。 

香港で品切れの“狼”人形

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

暮れの香港での話。
赤頭巾に登場する狼人形が場か売れ状態で品切れとのことだ。オオカミになぞらえられているのは、香港トップの梁振英(C・Y・リョン)行政長官で反政府派から「ずるい」としてオオカミがシンボルになったということだ。
中国の顔色をみなければやっていけない梁長官の苦悩は来年も続くだろう。

首相の靖国参拝について〜事後措置の提案

クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

阿倍首相の参拝が既におこなわれてしまった以上は今後の対応を考えることしかない。あれこれ首相を批判して見ても得るところはない。
首相始め政府関係者は250万人の英霊が祀られる場所は、日本人の多くにとって親戚など近い人々の祀られている場所ということを率直に訴えたい。純真で素朴な感情への理解を求めるということではないか。
同時に、関係者には、中韓の拘る戦犯の分祀を進めることを検討してもらいたい。国際関係では相手の立場に立って考えることが賢明だ。

毛沢東生誕120周年〜無視もできないが警戒感も

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
26日の故毛沢東主席生誕120周年、習近平主席らは天安門広場の毛沢東主席記念堂の遺体を訪れたが、各地での大きな行事を開かないよう指示した。同日開催された座談会で習近平主席は〜偉大でも神のように極端な崇拝はできない〜と指摘した。
毛沢東崇拝の背景にいずれまた私の時代が来るだろうと漏らしたと伝えられる元重慶市トップの薄き来人気への警戒感が存在することへの警戒感だ。
格差拡大への不満が高まっていることに神経質にならざるを得ない習指導部の心理状態を如実に窺わせる。
現在進行中の薄氏の親分周永康前政治局常務委員らへの汚職追求も薄氏の影響力を削ぐという深層心理・意図があろう。

観光立国戦略を必ず成功させよう

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

来日外国人が2013年に1000万人を超えたことをスタートに2020年までに2000万人、2030年までに2000万人、203年までに3000万人超という目標を実現するるため、官民あげて頑張りたい。
わが国のソフトハード両面の観光資源は必ずや観光立国をかなえる力があると思われる。特にソフトをいかに育てるか。国際的な視野に立った知恵が求められる。各地の自治体や業者などへの専門家によるアドバイスを期待したい。
観光産業の裾野が広いことによる経済波及効果の大きさは魅力だ。地方振興に直結していることによる均衡ある国造りに資するところが魅力的だ。

目標成長率を策定する理由

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

中国の経済成長率は今年の目標7.5%を下回り、7%前後となると予想されている。来年は目標7.5%、予測7.4%とも。
中国では成長率で地方幹部を評価する手法が長年続いてきた。その弊害は、バブル懸念や金融不安に代表されるように、明らかなのだがやめられないのはなぜか。ズバリ、官僚システムの常として評価管理する代わる手法が無いことがその原因だろう。発想として前例踏襲という域を出られないということだ。乱開発や過剰投資も錦の御旗の下、官僚たちの利権にも直結して来た。
日経新聞は、「成長率目標のゆがみを正すというならなぜ目標そのものを廃止しないのかという疑問が残る」(12・12夕)としている。国家の先行きより、己の利益ということではないか。


米国依存心理からの脱却を

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


  シリア内戦への優柔不断さに象徴されるように、昨今の米国の指導性には陰りが目立つ。TPPの年内妥結も、国内諸勢力への調整がつかずなしとげられなかった。ゆとりのなくなった米国の内政志向が強まっているということだ。
  我が国のかなりの層に、米国を頼りにする潜在心理がある。第二次世界大戦敗戦以降のトラウマ、ある種の成功体験などに起因している。
  しかし、現実の米国は、頼りにならない。少なくとも我が国の期待に沿うほどには・・・。
  中、韓、露など周辺諸国との我が国の諸問題への対処に当たって、米国の影響力を期待する心理は払しょくする必要がある。それに代わる戦略を考えなくてはならない。
  我が国の自力の問われる時代になっているとの覚悟が肝要だ。

イスラム圏研究を促進しよう

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

 

  我が国とは必ずしも関連の深くなかったが、しかし、今後の我が国の行く末を考える時、重要な要素となることが必至の分野。それがイスラム圏であることは誰の目にも明らかだ。
  中東に留まらず、北アフリカからパキスタン、バングラデッシュなどインド半島、インドネシアなどASEANへと広大な地域を中心に、やがて世界最大の信者を有する宗教となる。
  我が国のイスラム圏への関心を高め、若者を中心に専門人材を養成することは欠かせない。

韓国軍への銃弾供与

   クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


   南スーダンのPKO活動に関し、韓国軍の要請で、自衛隊が銃弾を供与したことを巡って、韓国の対応は韓国の独特の事情を理解するうえで格好の事例を提供しているといえよう。日本は、やるべきことをやり、あとは、大人の対応で黙って見ているだけで良い。とやかく言うことはない。
   韓国国防省報道官は、「PKOにおいて現地で必要な物品は、互いに協力し補充を受けられる」と述べた(24日未明)。一部メディアに、韓国軍の準備不足だとして問題視していることを受け、国防省報道官は「必要となる場合に備えて予備的に借りたものだ。(銃弾は)不足していない」と反論した(24日)。国防省報道官の言葉尻をとらえて、”緊急性”がなかったのではなかったかなどと重箱の隅を突っつくことはない。
   

シリア情勢は政権側の優勢で推移

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

           
  シリア内戦は、アサド政権側の優勢のまま推移している。
  政府軍は反体制派の支配地域に空爆を実施すなど、攻勢を強めている。反体制派は、内紛状態で、米英は、支援する自由シリア軍への装備品の提供も停止するなど迷走している。
反体制派内部では、国際テロ組織アルカーイダ系を含むイスラム武装勢力が台頭している。自由シリア軍が劣勢を跳ね返せないと、武器の過激派への流出を恐れる米欧の穏健派反体制派への支援も停止せざるを得ないという混迷状態だ。
反体制派統一組織のシリア国民連合は、11月、条件付きで和平会議への出席を決めたが、協力関係にある自由シリア軍の影響低下によって、会議での成果は難しい状況だ。 

張成沢粛清の背景~韓国国家情報院情報

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

      
  南在俊院長は23日、粛清の背景は石炭利権を巡る対立だとする分析を国会に提出した。張氏側近が他機関の利権に介入。金正恩第一書記の是正指示に従わなかったことが原因とした。張氏の拘束は11月中旬だったとした。
権力闘争が原因との説を否定した形だ。
この見方が正しければ、根の深い権力闘争ということではないということで、ある程度の時間の経過で、北朝鮮情勢は沈静化するという見方となる。
南院長は、北朝鮮が黄海で訓練を強化していることから、来春にも韓国に対して、軍事挑発を行う可能性が高いともしており、警戒を要する。

PKO参加の他国軍への武器供与

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


  南スーダンの韓国軍へ銃弾供与することを決断したことに賛成だ。武器輸出三原則は、原則維持することとして、緊急性、人道性の要請から例外的に対応することは可能としていい。もし、断ったとした場合を想定すれば、その国益の毀損は大きいからだ。
注文は、法的な拘束力のない「原則」に対して、例外となる場合のルールを定めておくべきだ。野放図に輸出や技術移転をしては「原則」はあってなき状態になるからだ。

“考える力”にこそ価値がある~情報の洪水に流されないために

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  昨今、若者にネット時代特有の錯覚が目立つ。必要な情報はいつでも安易に手に入るという錯覚・・・なら、苦労して、コツコツ勉強することはないという感覚の学生が増えている。
  確かに、情報化社会の進展で、必要な情報はおおむね容易に手に入るようになった。ならば勉強しなくていいのか。何が必要な情報か、その情報をどう使うのか・・・などは、自分で考えなくてはならない。
かなりの部分の若者は、それらも省略して、ランキングに支配されがちになっている。面倒な判断は、全て人任せということでいいのだろうか。そんなことも考えない。
売れ筋も、グルメも、就職も、ランキングで判断している。なんかおかしくはないのか。
まじめな読書家でも、得てして読書対象はランキング任せ。しかも、昨今は速読ばやりだ。多く読みさえすればいいのか。読みすぎる弊害もあるだろうに。多く読んで、それぞれに何が書いてあるか分かっていればいい・・・というものでもない。
読書を通じてどれだけ考えたのか。作家との知の格闘こそが大切ではないか。そうした格闘のない本はいくら読んでもムダではないか。

新疆衝突(15日)、射殺住民の6人は女性

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


  中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区で発生した住民と警察の衝突(15日)で、当局が射殺した14人の住民中に女性が6人、未成年が2人が含まれていたとの情報がある(米政府系放送局ラジオ自由アジア12・19)。
  住民の構成が報じられるとうりなら、容疑者グループを暴力テロ集団との断定、テロ活動との主張する当局の発表への疑惑は禁じえない。

流される周永康の汚職額の大きさ

クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


  香港誌「明鏡」電子版は、周永康氏の汚職額を1000億元(約1兆7000億円)に達すると報じた(22日)。複数の中国メディアが同氏に関する汚職記事の準備を進めており、当局の発表も近い模様。
  流されている汚職額は死刑になる数字だ。政治局常務委員であった同氏への責任追求となればその影響は最高幹部の権力闘争に影響しないわけにはいかないだろう。

    国会議員の選択の問題~守秘義務を負うのか負わないのか

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

      
  憲法で定められているところでは、国会議員は国会での発言で責任を問われない。論理的に考えて、罰則で秘密漏洩を防ぐには、国会議員に特定秘密を提供することは不可能ということになる。
  国会議員には、情報を加工して、秘密でないは範囲での提供とならざるを得ない。国会議員への漏洩であっても、特定秘密に触れることのできない人への漏洩は犯罪となるからだ(特定秘密保護法に国会議員への漏洩を除くとでも規定されていれば別だが)。
  秘密情報に触れたいのなら、守秘義務を自ら設けるしかない。
  国会議員自身の選択の問題だ。

南スーダン政府軍と武装集団の戦闘

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  20日PKO部隊施設が襲撃される事件が発生、米軍機被弾4人負傷した襲撃は約2千人の武装集団と判明(国連発表)。他の施設にも大規模な武装集団が迫っているという。武装集団は7月に罷免されたマシャール前副大統領支持派のヌエル人の若者と見られている。

中央アフリカ宗教対立で千人死亡

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  新旧政権を支持する武装勢力同士の衝突からイスラム、キリスト宗教対立が激化、今月初旬の衝突で千人以上の死亡が判明した(アムネスティインターナショナル19日発表)。

 非常食について

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  
   災害時に避難所などで提供する非常食について、味や栄養などの向上を目指す様々な取り組みが出ていることに期待したい。災害時の食は単調になりがちで、体調を損ねる原因ともなっているからだ。
非常食の備蓄に付いても、再検討の余地がある。現在は、市町村単位での備蓄となっている。非常食の消費期限の関係もあり、ムダになる可能性も高い。最小限の備蓄を除いて、都道府県あるいはさらに広域などをかみ合わせ、可能な限り広域での備蓄とし、災害発生時に、融通しあうようにすることで、ムダを少なくするように工夫したい。ムダを可能な限りなくし、その分を積み立てておくなどし、非常時に備えたい。
   広域備蓄も、できるだけ流通業者との協定で、可能な限り効率の良いものとなるように設計したい。
   非常食の輸送には自衛隊などの活用も考えたい。

張成沢処刑の背景

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


張氏の部下2人が党行政部の利権を軍に回すようにとの金正恩第一書記の指示を即座に実行しなかったことが契機になったとの説が流れている。金正恩第一書記の指示に対し「張成沢部長に報告する」と即答を避けたことに激怒した第一書記は即座に処刑を命じたと言う。これからも様々な情報が出てくると思われる。短慮で激昂の癖という正恩第一書記の体制掌握は難しいものと思われる。

中国公安省次官取り調べ

クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


中国中央規律検査委員会は20日公安省の李東生次官を「重大な規律違反と法律違反」により取り調べていることを発表した。周永康.前党中央政法委員会書記の側近にまで摘発の網が広げられた事を意味するる。捜査範囲の広がりによっては権力闘争の引き金ともなりかねないため今後の推移には注目を要する。

目指せソフト大国~アプリ市場世界一

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

        
  スマホやタブレットに使うアプリの市場規模で日本が今年10月に米国を抜いて世界一になった(米調査会社アップアニー調査発表)。
  日本の10月アプリ売り上げは前年同月比3倍強だった。3位韓国の3倍、4位英国の5倍以上。遅れていたスマホ普及率でも13年42%と米国にほぼ並んだ。
  漫画、アニメ、映画、ゲームなどなど、日本人の感性は世界に求められているようだ、これらジャンルの関係者の頑張りに期待したい。

来日外国人1000万人突破

           
  12月20日、今年の来日外国人が目標の1000万人を突破するという。誠に喜ばしいことだ。
  円安による日本旅行の割安感が出たことに加え、タイヤマレーシアなど、東南アジア5カ国のビザ発給要件緩和も追い風になった。中国からの個人・団体旅行者の回復傾向も見られるようだ。
  これは通過点。当面、倍増を新たな目標に各方面での工夫を期待したい。

中国で「微博」の与える影響力

 クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


   中国のミニブログ利用、登録アカウント数が13億を越えた。普通の市民の意見発信手段として定着している。
   そこから見られる中国の状況は欧米の基本的人権と中国のそれとの差の大きさに驚くことが多い。
   江西省新余市で、ブログに政府幹部の財産公開を求める主張を表明した劉ヘイさんが「違法集会」の罪で起訴されたとして、微博で非難の嵐が吹き荒れている。その劉さんの弁護を引き受けた弁護士が「政治犯と良心犯の弁護を一手に引き受ける」とブログに書いたところ、兼職先の大学から解任された。・・・などなど。   

 治安の悪さ~国際社会を生きる安全の知恵

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  外国では、治安のよさに慣れたわが国内の感覚では対処できない常識がある。国際社会で生きていくには、国外旅行に際しての、感覚の切り替えが肝要だ。
  観光地での万引きなどの多さは常識の内か。とにかく物を持たないことに限る。現金はなるべく持たない。持つなら散らして持つこと。パスポートなどは腹巻に入れるべきだ。ブランド品の持ち歩きは禁止。
  物取りならまだ何とかなる。命に関わることも多い。移動は近いところでも車で。車は安全のために窓を開けない。ホテルの客室内でも危ない。ドアのチェーンは常識。
  金持ちも、目立つ高級車は避ける。住宅も外見や出入り口などをジェビーに見せるのがいい。旅行では服装はジェビーにしたほうが懸命だろう。
  警察官にさえ警戒を要するという場所もある。盗難届けを出したらさらに盗られると・・・。
  ホテル、空港、大使館や公共施設は危険と心得たい。繁華街も。いやはや、こう警戒ばかりでは海外旅行も疲れる。わが国の治安の良さは最大の財産だ。

正解のない中での選択

  クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

  大学の教壇へと転職して、最初に学生に理解させる上で苦労したのは、正解のない答えへの格闘という価値の理解だった。学生は5問択一に慣らされえて、大学に入ってくる。
  実社会では、何が正解か、易には分からない答えをする連続だ。そこでは自分で考え、結果の責任をとるという覚悟まで伴ってくる。だから、さまざまな側面について情報を収集し、選択枝間の得失を考えることになる。
  学生は、そうした過程に慣れていない。最初は、何をやっているのだろうという態度が目立つ。死刑廃止論と存続論との間での論点を検討して、最後に、正解はどっちですか?と問われて愕然とした。
  あんちょこに正解を求める傾向が強いのだ。

プロフィール

大貫啓行(おおぬきひろゆき)

Author:大貫啓行(おおぬきひろゆき)
麗澤大学経済学部・大学院教授(2014年4月から名誉教授)、(公)モラロジー研究所教授。元警視監。
東京大学法学部卒業。
1967年警察庁入庁。内閣官房、外務省、防衛庁への出向も経験、中国情報分析を中心とした内外情報畑一筋30年のエキスパート。
お問い合わせはkikikanri110@gmail.comまで。

在中国一等書記官(文化大革命直後の政治情報収集)、警視庁外事1課長(ソ連スパイ・レフチェンコ事件を指揮)、内閣情報調査室国際部(中国・ソ連分析キャップ)、防衛庁調査1課長(ソ連による大韓航空機撃墜事件の事後対応)、秋田県警察本部長、長崎県警察本部長(雲仙普賢岳噴火災害警備を指揮)、警察大学校特別捜査幹部研修所長、警察庁国際部長(初代国際部長として、阪神淡路大震災、オウムサリン事件、国松警察庁長官狙撃事件等の危機管理に携わる)、中国管区警察局長等を歴任し、1996年より麗澤大学教授・2014年より同大学名誉教授。

川崎市顧問・危機管理アドバイザー(2004年~2014年)をはじめ、多くの自治体で各種の顧問・委員等も務めている。
【著作等】
(著書)「変革~日本の対外姿勢と危機管理」(広池学園事業部)
「現代中国の群像」「暮らしの法学~安全を考える社会システム」
「国際紛争と日本の選択」『暮らしの行政~私と公の共生システム」
「説得力の養成」(以上麗澤大学出版)
「中国はどこに向かう」(白金出版)ほか
(論文)「災害に関する危機管理」「雲仙普賢岳噴火災害警備考」
「在ペルー大使公邸占拠事件の考察」「公務員における意識改革の現状」
「中国~国家・社会変革方向の考察」(以上麗澤大学紀要)など

カテゴリ
最新記事
クリックしてください↓↓↓
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
RSSリンクの表示
あし@
講演依頼お問い合わせはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック