FC2ブログ

「核の傘」への依存や安全保障問題を考えよう

   クリックしていただけましたら嬉しいです。

↓↓↓

人気ブログランキングへ


   わが国にある安全保障問題での米国への依存心は一体いかなるものだろうか。
   米国の占領下に植え付けられた戦後日本の米国への様々な依存心は、自らの国を自らが守る意識をなえさせた。
   その結果、数々の身勝手な意識を派生させもした。
   各種議論も身勝手なきれいごとが多い。
   どこかおかしな現象も少なくない。   
   アメリカには守ってもらうがアメリカを守る義務を負わないという片務的な日米安全保障体制を当然視するのもその集大成ではないか。
   昨今でもおかしな議論が少なくない。   
   自衛隊の海外派遣には反対だがその自衛隊に護衛してもらって平気なピースボート関係者の意識もどこか似たようなものだ。
   成田空港建設には反対だが、その反対運動指導者が海外に行くときは、コソコソ関空から航空機に乗って行くのもどこか共通点がある。
   わが国の各分野の議論にはきれいごとが多い。
   都知事の政治資金安などへの非難も、多くの政治家の問題点を置き去りにしている。
   パナマ文書問題にしても、そもそも税回避資金が世の中にどれほどあるのかという視点に向かい合っているとも思えない。     裏金への追及も、自らの裏金にはなぜか頬かむり状態のマスコミ。      
   米大統領選でのトランプ候補の本音発言はわが国として当然考えるべき多くの問題を呼び醒ましてくれた。
   わが国の核武装容認論などはわが国では単なるタブーだ。   
   そういえば「核の傘」は果たして存在するのか?
   アメリカの核(原水爆)は、本当に、わが国への核攻撃を抑止するのか?
   冷戦時代の米ソの核兵器が相対峙する時代の論議が現在機能しているのか?
   中国や北朝鮮の核兵器にわが国へのアメリカの核の傘が有効な抑止力として機能しているのか?
   そんな議論はわが国では聞かれない。
   なんとなくアメリアkが守ってくれる。アメリカの核の傘の下にいる。・・・気分になっているだけではないのか。
   今回の米大統領選を契機に、わが国の安全保障に関して本音の議論をすべきだ。
   言うまでもなく、安全保障は、武器のみで完結するものではない。
   経済、文化を含む総合的な国力の問題だ。その重要な要素に一人一人の国民の意識が含まれている。
   総合的国力といってもいい。
   沖縄の米軍基地問題ももっと本音での議論をすべきだ。
   米国が沖縄から引くこともあり得るのだから・・・。
   自らの国は自らが守るという意識だけは、しっかり、持っていなくてはならない。
      
   
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大貫啓行(おおぬきひろゆき)

Author:大貫啓行(おおぬきひろゆき)
麗澤大学経済学部・大学院教授(2014年4月から名誉教授)、(公)モラロジー研究所教授。元警視監。
東京大学法学部卒業。
1967年警察庁入庁。内閣官房、外務省、防衛庁への出向も経験、中国情報分析を中心とした内外情報畑一筋30年のエキスパート。
お問い合わせはkikikanri110@gmail.comまで。

在中国一等書記官(文化大革命直後の政治情報収集)、警視庁外事1課長(ソ連スパイ・レフチェンコ事件を指揮)、内閣情報調査室国際部(中国・ソ連分析キャップ)、防衛庁調査1課長(ソ連による大韓航空機撃墜事件の事後対応)、秋田県警察本部長、長崎県警察本部長(雲仙普賢岳噴火災害警備を指揮)、警察大学校特別捜査幹部研修所長、警察庁国際部長(初代国際部長として、阪神淡路大震災、オウムサリン事件、国松警察庁長官狙撃事件等の危機管理に携わる)、中国管区警察局長等を歴任し、1996年より麗澤大学教授・2014年より同大学名誉教授。

川崎市顧問・危機管理アドバイザー(2004年~2014年)をはじめ、多くの自治体で各種の顧問・委員等も務めている。
【著作等】
(著書)「変革~日本の対外姿勢と危機管理」(広池学園事業部)
「現代中国の群像」「暮らしの法学~安全を考える社会システム」
「国際紛争と日本の選択」『暮らしの行政~私と公の共生システム」
「説得力の養成」(以上麗澤大学出版)
「中国はどこに向かう」(白金出版)ほか
(論文)「災害に関する危機管理」「雲仙普賢岳噴火災害警備考」
「在ペルー大使公邸占拠事件の考察」「公務員における意識改革の現状」
「中国~国家・社会変革方向の考察」(以上麗澤大学紀要)など

カテゴリ
最新記事
クリックしてください↓↓↓
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
RSSリンクの表示
あし@
講演依頼お問い合わせはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック