FC2ブログ

お互いに、関係を見直す良い機会にしたい~日中・日韓

クリックしていただけましたら嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ


  日中両国の相互に相手に対する国民感情が悪化している。これは悪いことだけではない。相互に相手との関係を見直す良い機会という意味もあるからだ。
  中国では、日本を「悪」であり「敵」ととらえる潜在意識が作用して、ナショナリズムを刺激するという傾向が強い。中国当局は困難な問題から国民の眼をそらさせ、一致団結して当局への支持・支援としたいという思いも存在する。結果、昨今は、官も民も上げて、そうした受け止めになりがちだ。しかも、理屈を超えた感情であるだけに、如何ともしがたいという厄介さだ。
  我が国でも、そうした中国に嫌気がさし「嫌中」真っ盛り。言論の自由が法的に保障されている日本でも、そうした空気が蔓延し、中国の方を持つことは憚れるような感じになっている。
  世の中には、どうしようもないものはどうしようもないという場合も存在する。中国や韓国の「反日」もその類いだ。だからと言ってこちらが右往左往することはない。火に油を注いだりせず、できるだけ相手の感情が沈静化するように配意するということは必要だろう。しかし、それ以上、バタバタすることはない。
  尖閣危機は、我が国の対中戦略を考える絶好の機会だ。多くの国民が中国との関係の在り方を真剣に考えることは有益だということだ。

  対中関係を考えるという際、「日本人はどう生きていくのか」という問題が根底にある。日本人がその生き方を考えるきっかけになるという意味で、中国の「反日」という刺激はありがたい。

  中国も韓国も、結局、自らの生き方を考えることなくして、日本を批判して反発しているだけでは、何の解決にもならということも指摘しておきたい。中国が列強にしいたげられた原因を外にだけ求めているのは間違いだ。自身にその原因の多くがある。そこに向き合うことなしには、再び、惨めな歴史が繰り返されるかもしれないからだ。韓国も同様だ、日本が悪いというだけでは、過去の教訓に学んでいることにはならない。相手が悪い以上に、自らに欠けるところがあったからではないか…という発想が肝要だ。そうでなければ、同じようなことが起きないとは限らないからだ。
  
  相手が悪いで終わっている限り、それらの国の強さにはならない。自らの問題に気づきそこを直してこそ、真意強い国民になれるということだ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大貫啓行(おおぬきひろゆき)

Author:大貫啓行(おおぬきひろゆき)
麗澤大学経済学部・大学院教授(2014年4月から名誉教授)、(公)モラロジー研究所教授。元警視監。
東京大学法学部卒業。
1967年警察庁入庁。内閣官房、外務省、防衛庁への出向も経験、中国情報分析を中心とした内外情報畑一筋30年のエキスパート。
お問い合わせはkikikanri110@gmail.comまで。

在中国一等書記官(文化大革命直後の政治情報収集)、警視庁外事1課長(ソ連スパイ・レフチェンコ事件を指揮)、内閣情報調査室国際部(中国・ソ連分析キャップ)、防衛庁調査1課長(ソ連による大韓航空機撃墜事件の事後対応)、秋田県警察本部長、長崎県警察本部長(雲仙普賢岳噴火災害警備を指揮)、警察大学校特別捜査幹部研修所長、警察庁国際部長(初代国際部長として、阪神淡路大震災、オウムサリン事件、国松警察庁長官狙撃事件等の危機管理に携わる)、中国管区警察局長等を歴任し、1996年より麗澤大学教授・2014年より同大学名誉教授。

川崎市顧問・危機管理アドバイザー(2004年~2014年)をはじめ、多くの自治体で各種の顧問・委員等も務めている。
【著作等】
(著書)「変革~日本の対外姿勢と危機管理」(広池学園事業部)
「現代中国の群像」「暮らしの法学~安全を考える社会システム」
「国際紛争と日本の選択」『暮らしの行政~私と公の共生システム」
「説得力の養成」(以上麗澤大学出版)
「中国はどこに向かう」(白金出版)ほか
(論文)「災害に関する危機管理」「雲仙普賢岳噴火災害警備考」
「在ペルー大使公邸占拠事件の考察」「公務員における意識改革の現状」
「中国~国家・社会変革方向の考察」(以上麗澤大学紀要)など

カテゴリ
最新記事
クリックしてください↓↓↓
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
RSSリンクの表示
あし@
講演依頼お問い合わせはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック