FC2ブログ

21世紀を担う新人公務員に期待するもの ~地域力の創造~

自治体新採用者への講演レジメです(平成23年4月)
                    
 はじめに 自己紹介・・・危機管理は市民への思いやりの原点
   (1) 新たな時代にふさわしい地域社会の再生(他人への思いやりの心)
   (2) 可能性に満ちた川崎市への愛情
   (3) 洋々とした皆さんの未来

1 プロとしての自覚
* 初心を忘れずに・・・公務員を志した今の気持ちを大切に
* 自己修養・自修自得・・・無限の可能性
* 大人は「他人には寛容に、自己へは厳しく」が原則
      * 現場主義・・・現場重視、上から(役人・お上)目線ではなく

2 公務員と会社員の違い
    市民への奉仕に徹することができる公務員(奉仕の精神)
    利益を出すことを最優先にしなければならない会社員
    どうしたら“市民にとって一番良い”のかと考えることを最優先にできる公務員
* 思いやりの精神
* 感謝の精神

3 公務員を見る厳しい目
    バブル崩壊後の厳しい状況下、 死に物狂いのサバイバルを経験した市民
    公務員への期待の大きさ
* 公務員としての倫理・・・愛する人や家族に話せないことしないこと
* 「李下に冠を正さず」「一隅を照らす」「奉仕の精神」「声なきに聴く」

4 市民の為に・市民と共に
    「情報公開」「説明責任」の原則を前提に
     市民の協力を得て(参加型)
* 対話能力の向上   *聞き上手の勧め
5 安全・安心への配意・・・危険に満ちているとの認識から(「まさか」が現実に)
    市民の“安全安心”への関心の高さ・・・公務員の本来業務との認識
    先ずは自らと家族の危機管理
    日常勤務を通じた危機管理
      * 他人に頼ってはならない * 健康な体(体力は自らの手で養う)
      * 経済生活面での計画性  * 逃げてはならない(たらい回し)


6 ワーク・ライフ・バランス
    公務員という専門職職業人としての側面
個人としての私生活の側面・・・第3者目線・自分を客観的に見る第2の目
    公務員としてのやりがい・充実感が個人としてのやりがい・充実感になるように
* 廉潔の精神
* 正々堂々と胸を張って

7 はなむけ
  (1)「歩一歩高うして万景拓く」
(2)「半歩前の精神」
(3)「もうはまだ・まだはもう」<要は万事「心がけ次第」ということ
(4)5分前の精神
(5)「他山の石」に学ぶ(他人の振り見て我が振り正せ)
(6)「言必ず真、約必ず果たす」
(7)青い鳥症候群・自分探し強迫症
(8)ネアカ、のびのび、へこたれず
(9)尊敬する先輩を見つける・相談できる仲間を見つける
(10)「朝の来ない夜はない」

8 おわりに
   時間は誰にも平等、皆さん次第
 5年後・10年後の自分像を心に抱いて
 感謝・反省
 「働き」(人の役に立つ)と「稼ぎ」(生活の糧を得る)
変化を楽しむ・・・積極性
「創造」は逃げない心から・・・“ピンチはチャンス”と頑張ってください
      無難な守りに回ってはいけませんよ・・・「易きに避けて難きに着く」
      若い皆さんいは、あえて難しいことに挑戦して欲しい
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大貫啓行(おおぬきひろゆき)

Author:大貫啓行(おおぬきひろゆき)
麗澤大学経済学部・大学院教授(2014年4月から名誉教授)、(公)モラロジー研究所教授。元警視監。
東京大学法学部卒業。
1967年警察庁入庁。内閣官房、外務省、防衛庁への出向も経験、中国情報分析を中心とした内外情報畑一筋30年のエキスパート。
お問い合わせはkikikanri110@gmail.comまで。

在中国一等書記官(文化大革命直後の政治情報収集)、警視庁外事1課長(ソ連スパイ・レフチェンコ事件を指揮)、内閣情報調査室国際部(中国・ソ連分析キャップ)、防衛庁調査1課長(ソ連による大韓航空機撃墜事件の事後対応)、秋田県警察本部長、長崎県警察本部長(雲仙普賢岳噴火災害警備を指揮)、警察大学校特別捜査幹部研修所長、警察庁国際部長(初代国際部長として、阪神淡路大震災、オウムサリン事件、国松警察庁長官狙撃事件等の危機管理に携わる)、中国管区警察局長等を歴任し、1996年より麗澤大学教授・2014年より同大学名誉教授。

川崎市顧問・危機管理アドバイザー(2004年~2014年)をはじめ、多くの自治体で各種の顧問・委員等も務めている。
【著作等】
(著書)「変革~日本の対外姿勢と危機管理」(広池学園事業部)
「現代中国の群像」「暮らしの法学~安全を考える社会システム」
「国際紛争と日本の選択」『暮らしの行政~私と公の共生システム」
「説得力の養成」(以上麗澤大学出版)
「中国はどこに向かう」(白金出版)ほか
(論文)「災害に関する危機管理」「雲仙普賢岳噴火災害警備考」
「在ペルー大使公邸占拠事件の考察」「公務員における意識改革の現状」
「中国~国家・社会変革方向の考察」(以上麗澤大学紀要)など

カテゴリ
最新記事
クリックしてください↓↓↓
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
RSSリンクの表示
あし@
講演依頼お問い合わせはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック